インド神話譚 姑射若氷

たっぷりボリュームで、まるごとインド神話。

第三の眼から光線を発する怒りのシヴァ神、いくつもの化身で現れるヴィシュヌ神、入浴した牧女たちの衣服をとりあげるいたずらなクリシュナ神、密かに重婚して妻サラスヴァティー女神に問い詰められるブラフマー神。愛嬌たっぷり、破天荒な神さまたちが繰り広げるストーリー。

ランカー島に奪われたシーター姫を奪還するために旅に出るラーマの物語『ラーマーヤナ』、パーンダヴァ族とクル族の一大決戦を描く『マハーバーラタ』の二大叙事詩、珠玉のラブストーリー『シャクンタラー姫物語』、賭博に敗れた王と王女の遍歴をたどる『ナラ王物語』などの王道傑作群も収録。

インド人の考えかたやマジカルワールドの謎にせまる物語、5000年の大河が生んだインド神話をぎゅぎゅっといいとこチョイス。わかりやすい言葉でさくさく読める『インド神話譚』が登場!

(註)初版本『印度神話』は1917年、群書堂書店より発行された。今回の新版にあたって、旧字体を現代仮名遣いに改めたほか、文語的語彙や言い回しを現代的表現に修正し、翻案を行った。

第1篇 ラーマーヤナ物語
第2篇 マハーバーラタ物語
第3篇 クリシュナ物語
第4篇 釈迦物語
第5篇 ブラフマー(創造神)物語
第6篇 ヴィシュヌ(保持神)物語
第7篇 シヴァ(破壊神)物語
第8篇 天父と、地母と、暁の女神物語
第9篇 サヴィトリ(太陽神)物語
第10篇 アシュヴィン(光明神)物語
第11篇 ドルヴァ(北極星)物語
第12篇 インドラ(司雨の神)物語
第13篇 アグニ(火神)物語
第14篇 ナチケータスとヤマ(死の神)物語
第15篇 サラスヴァティー(学問芸術の神)物語
第16篇 ラクシュミー(吉祥天=好運び女神)物語
第17篇 マナサー天女(蛇の女王)物語
第18篇 シャクンタラー姫物語
第19篇 プルーラヴァスとウルヴァシー物語
第20篇 カチャとデーヴァヤーニー(アリアンと土着民との争い)物語
第21篇 ナラ王(ナラとダマヤンティー)物語
第22篇 乳海の攪拌
第23篇 ガンガー(ガンジス河)の降下

編訳者紹介 姑射若氷(1873-1955)
本名、戸沢正保(とざわまさやす)。茨城県出身、東京帝国大学卒の英文学者。明治から昭和にかけて、イギリス文学研究、翻訳、小説などの分野で活躍。『シェイクスピア全集』の翻訳を浅野和三郎とともに手がけた。東京外国語学校第7代校長。

流通版(DPS発売)ISBN978-4-86143-353-5、ペーパーバック四六判、486頁 、4100円
POD版ISBN978-4-8214-9027-1、ペーパーバック四六判、486頁 、4100円
電子書籍版1200円

Follow me!