北インド001はじめての北インド デリー・ジャイプル・アーグラ・バラナシ

インドの首都デリー、マハラジャゆかりのジャイプル、タージ・マハルが残るアーグラ、そしてヒンドゥー教の聖地バラナシ。

→もっと見る(画像をクリック)

北インド002はじめてのデリー チャロー! デリー

インドの首都デリー。オールド・デリーとニュー・デリーを中心に巨大首都圏をつくり、今なお拡大を続ける現代インドの中心地です。

→もっと見る(画像をクリック)

北インド003オールド・デリー 旧城に息づく路地と「ざわめき」

近世、インド最大のイスラム王朝を樹立したムガル帝国。現在、オールド・デリーと呼ばれる地域は、17世紀以来、その王城がおかれたところです。

→もっと見る(画像をクリック)

北インド004ニュー・デリー 15億人へ向かう「インドの顔」

イギリス植民地時代に計画された都市ニュー・デリー。大統領官邸や国会議事堂などがおかれ、いわばインドの心臓部にあたります。

→もっと見る(画像をクリック)

北インド005南デリー イスラム征服王朝と「その足跡」

ニュー・デリー南の地域は、中世以来、いくどとなく都が造営されてきた歴史あるエリアです。そこに位置するクトゥブ・ミナールは、中世にインドを征服したイスラム勢力が戦勝塔として建てたもので。

→もっと見る(画像をクリック)

北インド012アーグラ タージ・マハルと「愛の物語」

デリーからジャムナ河をくだった古都アーグラにたたずむタージ・マハル。完璧なまでのプロモーション、白亜の美しい姿を見せるところから「世界でもっとも美しい建築」。

→もっと見る(画像をクリック)

北インド013ファテープル・シークリー ムガル帝国の栄光と「幻の都」

16世紀のムガル帝国絶頂期に築かれた都ファテープル・シークリー。アクバル帝が子宝を授かったことを記念して造営されため、子宝祈願を願って訪れるインド人女性が見られます。

→もっと見る(画像をクリック)

北インド014バラナシ ガンジス河と「世界軸」

ガンジス河岸辺に発展してきたヒンドゥー教最高の聖地バラナシ。この街を訪れ、ガンジス河の水で沐浴すれば「ありとあらゆる罪が清められる」。

→もっと見る(画像をクリック)

北インド015サールナート ブッダ説法の「鹿野苑」

バラナシ近くのサールナート。ここは今から2500年前にブッダがその教えをはじめて説いた場所で、仏教四大聖地に数えられています。

→もっと見る(画像をクリック)

北インド022カージュラホ 小さな村に残る「性愛の芸術」

マディヤ・プラデーシュ州の小さな村カージュラホ。エロティックな彫刻をもつヒンドゥー寺院群で知られます。

→もっと見る(画像をクリック)

北インド032アムリトサル シク教徒と「黄金寺院」

シク教最高の聖地アムリトサル。ここはカラフルなターバンを巻き、恰幅のよいシク教徒が暮らすパンジャーブ州の宗教都市として知られています。

→もっと見る(画像をクリック)