東インド012ブッダガヤ 「悟り」と菩提樹

今から2500年昔の古代インドに生きたゴータマ・シッダールタ。ブッダガヤは解脱を求めて、出家したシッダールタが悟りを開いた場所で、世界中の仏教徒にとって最高の聖地 となっています。ブッダが身体を清めたというネーランジャラー河、苦行をやめたブッダが乳粥を飲んだスジャータ村など仏教ゆかりの地が見られるほか、ブッダが悟りを 開いた近くに立つマハーボディ寺院は世界遺産に登録されています。かんたんな図版、地図計22点収録。 

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。

ペーパーバック B6判、258P
[モノクロ版]ISBN978-4-86620-516-8、ISBN978-4-86143-475-4 ¥3,135 (税込)
[カラー版] ISBN978-4-86620-016-3 ¥5,352 (税込)
[電子書籍版/audioGuide版]¥605 (税込)

Follow me!