アンコールワットの「発見」 アンリ・ムオ

【The Discovery of Angkor Wat】

19世紀、なぞに満ちたインドシナの王国の奥地。その森のなかには地元の人たちのみが知るクメール芸術の至宝がたたずんでいた。フランス人旅行家アンリ・ムオ(1826-61)は、バンコクからカンボジア海岸部、首都ウドン、プノンペン、トンレサップ湖をへて、シェムリアップに到達。そこで見たアンコール・ワットの大伽藍を詳細に記述し、世界に紹介した。

その後、旅を続けたムオは、「冷王が森」を越えてラオスへ足を伸ばし、ついにルアンプラバンに達するが……。

バンコクやアユタヤへの旅、カンボジア王との謁見、森のスティエン族の中の暮らしなど、情熱に突き動かされて旅を続け、35歳の若さで生涯を終えた探検家の「魂の記録」が読みやすくなって登場!!

[Point 1]1939年に刊行された『シャム、カムボヂァ、ラオス諸王國遍歴記』(大岩誠訳/改造社)を改題。

[Point 2]本文を現代仮名遣いにし、シャム→タイ、安南→ベトナム、メーナム→チャオプラヤー河など慣用的な表記に変更。読みやすくて、わかりやすい。アンコール・ワットを旅した人も、これから旅する人も

[Point 3]【本エディションオリジナル】アンリ・ムオのたどった道、各都市や王宮、遺跡の地図を39点、新たに追加(ムオの時代、カンボジアの首都だったウドンの地図も収録)。旅人の歩んだ道を、豊富な図版とともに読み(見)ながら旅する。

流通版(DPS発売)ISBN、ペーパーバック四六判、606頁 、4820円
POD版ISBN978-4-8214-9025-7、ペーパーバック四六判、606頁 、4820円
電子書籍版は3分冊、第1巻タイ篇(750円)、第2巻カンボジア篇(1050円)、第3巻ラオス篇(850円)

Follow me!