上海003外灘と南京東路 色気香る「オールド上海」

黄浦江の岸辺の外灘(バンド)にならぶ欧風建築。これらは1920~40年代ごろ建てられたもので、当時、上海はイギリス、フランス、ロシア、日本など世界50か国の人々が集う「東アジアの魔都」として知られていました。外灘からまっすぐ西に伸び、流行の発信地となってきた南京東路、また19世紀に西欧の居留地「租界」ができる以前からの伝統をもつ旧上海県城(豫園などが残る)などオールド上海の魅力を紹介します。かんたんな図版、地図計15点収録。

【おまけ】まちごとチャイナとスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)の「上海地下鉄路線図」「上海浦東国際空港案内」「上海虹橋国際空港案内」「上海地下鉄歩き」の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、148P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-223-1 C0326 ¥1800E、1800円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-612-7 C0326 ¥00000E、1800円
[カラーPOD版] ISBN978-4-86620-112-2 C0326 ¥00000E、2540円
[電子版/電子audioGuide版(AI bookS)それぞれ]550円

Follow me!