南インド010カニャークマリ 3つの海があわさる「コモリン岬」

逆三角形の国土をもつインド最南端の頂部に位置するカニャークマリ。コモリン岬の名前で知られるこの地はベンガル湾、インド洋、アラビア海が一堂に会し、海から昇る太陽と海へ沈む太陽が同時に見られる聖地と知られます。処女神クマリやケーララ建築の宮殿が残るパドマナーバプラムもあわせて紹介します。かんたんな図版、地図計6点収録。 

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、72P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-175-3 C0326 ¥00000E
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版ISBN]978-4-86620-549-6 C0326 ¥00000E、1000円
[カラー版ISBN]978-4-86620-049-1 C0326 ¥00000E、1360円
[電子版/電子audioGuide版(AI bookS)それぞれ]450円

Follow me!