山東省009曲阜 〜儒教の聖地「孔子故里」

今から2500年前、孔子が儒教の教えを説いた山東省の古都曲阜。街の中心には、孔子をまつる「孔廟」、孔子の子孫が暮らした「孔府」が残り、また北郊外には孔子の墓の「孔林」が位置します。これらは「三孔(曲阜の孔廟、孔林、孔府)」として世界遺産に登録され、ほかにも顔回や孟子といった儒教ゆかりの見どころが、曲阜やその郊外に点在しています。儒教に彩られた曲阜の街を、豊富な図版とともに案内します。かんたんな図版、地図計22点収録。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。

ペーパーバック B6判、224P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN C0326 ¥00000E 円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN978-4-8214-1509-0 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-718-6 C0326 ¥00000E、 2600円
[カラーPOD版] ISBN978-4-86620-218-1 C0326 ¥00000E、3720円
[電子書籍版/Alexaスキル版/audioGuide版]750円

Follow me!