江蘇省010南京紫金山と下関 「国父」眠る旧都で

豊かな自然に包まれ、南京を象徴する山として知られる紫金山。諸葛孔明が「龍がとぐろを巻く地」と語り、山の斜面を利用した「国父」孫文の中山陵、世界遺産の明孝陵が残っています。蒋介石による南京国民政府の政府機能がおかれた明故宮跡、中国最大の河港である南京港、壮大な橋梁の南京長江大橋など、紫金山、明故宮、玄武湖、中山北路、下関といった南京市街の東側と北側を案内します。かんたんな図版、地図計14点収録。

【おまけ】まちごとチャイナとスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)の「南京地下鉄路線図」の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、148P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-266-8 C0326 ¥1800E 1800円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-666-0 C0326 ¥00000E、1800円
[カラー版ISBN]978-4-86620-166-5 C0326 ¥00000E 、2540円
[電子版/電子audioGuide版(AI bookS)それぞれ]550円

Follow me!