河北省004承徳 避暑山荘と「清朝のすべて」

清朝皇帝が夏を過ごした離宮の避暑山荘、ラサのポタラ宮やシガツェのタシルンポ寺など小チベット世界が再現された外八廟。世界遺産にも指定されているこれら承徳の景勝地は、清朝が最高の繁栄を迎えた17〜18世紀の第4代康煕帝から第6代乾隆帝時代に90年の月日をかけて造営されました。そして清朝皇帝はこの地でモンゴルやチベットなど藩部の少数民族と謁見し、承徳は清朝の縮図とも言われてきました。避暑山荘と外八廟を中心に承徳の見どころを紹介します。かんたんな図版、地図計12点収録。

【おまけ】まちごとチャイナ『河北省004承徳』とスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)のホテル&レストラン情報旅行ガイド『承徳STAY』の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、170P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-301-6 C0326 ¥2000E 2000円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-703-2 C0326 ¥00000E、1800円
[カラーPOD版] ISBN978-4-86620-203-7 C0326 ¥00000E、2650円
[電子版/電子audioGuide版(AI bookS)それぞれ]550円

Follow me!