福建省008客家土楼 〜永定・南靖・華安と「福建土楼」

福建省山間部に点在する円形や方形の土楼群。古い中原の文化や言語を守りながら生活する、客家の人びとが暮らすことから客家土楼の名前で知られます。建物そのものが風水八卦の要素をもつ振成楼の位置する「洪坑土楼群」、最大で600人が暮らした円形土楼の承啓楼を擁する「高北土楼群」、4つの円楼が1つの方楼を囲む「田螺坑土楼群」、土楼の王さま二宜楼を抱える「大地土楼群」を中心に、世界遺産にも指定されている福建土楼を案内します。かんたんな図版、地図計20点収録。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。

ペーパーバック B6判、196P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-287-3 C0326 ¥00000E
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-687-5 C0326 ¥00000E、2000円
[カラー版ISBN]978-4-86620-187-0 C0326 ¥00000E、2980円
[電子書籍版/Alexaスキル版/audioGuide版]650円

Follow me!