「マカオ」カテゴリーアーカイブ

マカオ005新口岸とタイパ・コロアン 7色に光る「カジノ・シティ」

マカオ半島南東部は埋め立てられてできた新市街で、新口岸と呼ばれています。また近くにはリスボアをはじめとしたカジノがならび、この街のシンボルでもあるマカオ・タワーがそびえています。娯楽の街マカオを、マカオ料理やタイパ、コロアンといった島嶼部とともに紹介します。かんたんな図版、地図計14点収録。

【おまけ】まちごとチャイナとスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)の「マカオ空港案内」の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、134P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-251-4 C0326 ¥1600E 1600円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-644-8 C0326 ¥00000E、1500円
[カラー版ISBN]978-4-86620-144-3 C0326 ¥00000E、2170円
[電子版/電子audioGuide版(AI bookS)それぞれ]450円

マカオ004東望洋山とマカオ半島北部 關閘と「海の見える丘」から

マカオ半島東部にそびえる東望洋山。この丘陵の頂きからはマカオ市街をながめることができ、教会や灯台が立つ様子は南欧の風景を思わせます。またマカオ半島北部は道教寺院や地元のマカオ人が通う市場があり、人々の生活模様を感じられます。東望洋山はじめ、聖美基街區や三盞燈、望廈山などのエリアを紹介します。かんたんな図版、地図計8点収録。

【おまけ】まちごとチャイナとスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)の「マカオ空港案内」の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、92P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-250-7 C0326 ¥1300E 1300円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-643-1 C0326 ¥00000E、1000円
[カラーPOD版] ISBN978-4-86620-143-6 C0326 ¥00000E 、1460円
[電子版/電子audioGuide版(AI bookS)それぞれ]450円

マカオ003媽閣廟とマカオ半島南部 マカオと植民都市の「はじまり」

マカオ半島南西端に立つ媽閣廟は、マカオという名前の由来になった場所として知られます。マカオ・タワーをのぞむ西望洋山(ペンニャの丘)、世界遺産建築が集中する崗頂前地、古い時代のマカオの面影を残す福隆新街や十月初五日街を、マカオの街が形成されるまでの歩みとともに案内します。かんたんな図版、地図計8点収録。

【おまけ】まちごとチャイナとスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)の「マカオ空港案内」の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、100P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-249-1 C0326 ¥1500E 1500円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-642-4 C0326 ¥00000E、1500円
[カラーPOD版] ISBN978-4-86620-142-9 C0326 ¥00000E 、2000円
[電子版/電子audioGuide版(AI bookS)それぞれ]450円

マカオ002セナド広場とマカオ中心部 東方に華開いた「キリスト教文化」

美しい教会や南欧風の建築が立ちならぶマカオ。この街は1557年から1999年に中国に返還されるまで長いあいだ、ポルトガルの植民都市として歴史を積み重ねてきました。セナド広場はそのポルトガルの統治拠点とも言える場所で、美しいコロニアル建築が残っています。また東方でもっとも美しいと言われた聖ポール天主堂跡やマカオのキリスト教文化もあわせて紹介します。かんたんな図版、地図計10点収録。

【おまけ】まちごとチャイナとスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)の「マカオ空港案内」の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、104P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-248-4 C0326 ¥1500E 1500円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版ISBN]978-4-86620-641-7 C0326 ¥00000E、1500円
[カラーPOD版] ISBN978-4-86620-141-2 C0326 ¥00000E、2020円
[電子版/電子audioGuide版(AI bookS)それぞれ]450円

マカオ001はじめてのマカオ めぐりあう「東西文明」

「マカオのいろは」をサクッと紹介【20分でわかるマカオ】

1999年に中国に返還されるまで、450年ものあいだマカオはポルトガルの統治を受けてきました。そのため、この街には美しい教会や南欧風の建築が続き、街全体が世界遺産のような趣きをしています。数ある見どころのなかからはじめてこの街を訪れる人向けのマカオ半島の23のポイントを案内します。かんたんな図版、地図計10点収録(グルメ情報などは掲載されていません。マカオ002〜005と一部内容と図版、地図が重複します)。

【おまけ】まちごとチャイナとスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)の「マカオ空港案内」の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、104P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-247-7 C0326 ¥1500E 1500円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版ISBN]978-4-86620-640-0 C0326 ¥00000E、 1500円
[カラーPOD版] ISBN978-4-86620-140-5 C0326 ¥00000E、2020円
[電子版/電子audioGuide版(AI bookS)それぞれ]450円