「河北省」カテゴリーアーカイブ

河北省007邯鄲 「黄粱一炊の夢」と春秋戦国

戦国七雄の一角、趙の都として知られた古都邯鄲。黄河と中原をのぞむこの地は、古くから商人の集まる十字路でもありました。当時、邯鄲を訪れていた呂不韋は「奇貨居くべし」と子楚の後見人になり、やがてこの街で嬴政(始皇帝)は生まれます。武霊王、廉頗、李牧らが活躍した古代都市、また能楽にもなった「邯鄲の夢」など、邯鄲の魅力を紹介します。かんたんな図版、地図計13点収録。

【おまけ】まちごとチャイナ『河北省007邯鄲』とスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)のホテル&レストラン情報旅行ガイド『邯鄲STAY』の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。

ペーパーバック B6判、124P
[モノクロ版]ISBN978-4-86620-706-3、ISBN978-4-86143-447-1 ¥2,200 (税込)
[カラー版] ISBN978-4-86620-206-8 ¥3,010 (税込)
[電子書籍版/Alexaスキル版/audioGuide版]¥715 (税込)

河北省006保定 直隷総督ゆかり「気品ある古都」

1968年まで河北省の省都がおかれていた保定。街の中心部には、大慈閣、古蓮花池、直隷総督署が位置し、清代、直隷省の省都として華北でもっとも由緒正しい街だった面影を伝えます。保定北郊外には世界遺産の清西陵や満城漢墓といった遺構も残り、保定の魅力を豊富な図版とともに紹介します。かんたんな図版、地図計15点収録。

【おまけ】まちごとチャイナ『河北省006保定』とスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)のホテル&レストラン情報旅行ガイド『保定STAY』の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。

ペーパーバック B6判、130P
[モノクロ版]ISBN978-4-86620-705-6、ISBN978-4-86143-446-4 ¥2,200 (税込)
[カラー版] ISBN978-4-86620-205-1 ¥3,116 (税込)
[電子書籍版/Alexaスキル版/audioGuide版]¥715 (税込)

河北省005張家口 北京モンゴル街道「陸の港」

街の北を「万里の長城(外長城)」が走り、モンゴル高原と中華世界の境「大境門」が立つ張家口。草原のシルクロードの拠点であったこの街の名は、モンゴル語「カルガン(張家口)」とともに遠くヨーロッパにも知られていました。戦前多くの日本人が進出した経緯もある張家口を、明清時代の街区を残す宣化、スノーリゾートの拠点として知られる崇礼県とともに案内します。かんたんな図版、地図計15点収録。

【おまけ】まちごとチャイナ『河北省005張家口』とスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)のホテル&レストラン情報旅行ガイド『張家口STAY』の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。

ペーパーバック B6判、136P
[モノクロ版]ISBN978-4-86620-704-9、ISBN978-4-86143-445-7 ¥2,145 (税込)
[カラー版] ISBN978-4-86620-204-4 ¥3,220 (税込)
[電子書籍版/Alexaスキル版/audioGuide版]¥715 (税込)

河北省004承徳 避暑山荘と「清朝のすべて」

清朝皇帝が夏を過ごした離宮の避暑山荘、ラサのポタラ宮やシガツェのタシルンポ寺など小チベット世界が再現された外八廟。世界遺産にも指定されているこれら承徳の景勝地は、清朝が最高の繁栄を迎えた17〜18世紀の第4代康煕帝から第6代乾隆帝時代に90年の月日をかけて造営されました。そして清朝皇帝はこの地でモンゴルやチベットなど藩部の少数民族と謁見し、承徳は清朝の縮図とも言われてきました。避暑山荘と外八廟を中心に承徳の見どころを紹介します。かんたんな図版、地図計12点収録。

【おまけ】まちごとチャイナ『河北省004承徳』とスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)のホテル&レストラン情報旅行ガイド『承徳STAY』の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。

ペーパーバック B6判、134P
[モノクロ版]ISBN978-4-86620-703-2、ISBN978-4-86143-444-0 ¥2,090 (税込)
[カラー版] ISBN978-4-86620-203-7 ¥3,185 (税込)
[電子書籍版/Alexaスキル版/audioGuide版]¥605 (税込)

河北省003秦皇島 渤海に溶け込む「長城」

秦の始皇帝から街の名前がとられたという秦皇島。紀元前215年、永遠の生命を求めて渤海に方士を派遣した始皇帝ゆかりの地と知られ、現在では新興工業都市として発展しています。街の東郊外には万里の長城の東端にあたる山海関を抱え、また西郊外の北戴河は中国有数の保養地となっています。始皇帝、万里の長城、孟姜女といったさまざまな伝説や説話に彩られた秦皇島・山海関・北戴河を案内します。かんたんな図版、地図計13点収録。

【おまけ】まちごとチャイナ『河北省003秦皇島』とスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)のホテル&レストラン情報旅行ガイド『秦皇島STAY』の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。

ペーパーバック B6判、122P
[モノクロ版]ISBN978-4-86620-702-5、ISBN978-4-86143-443-3 ¥2,035 (税込)
[カラー版] ISBN978-4-86620-202-0 ¥2,977 (税込)
[電子書籍版/Alexaスキル版/audioGuide版]¥715 (税込)