「浙江省」カテゴリーアーカイブ

浙江省011温州 「温州発」全土へ、世界へ

浙江省最大の人口を抱える温州は、中国各地に進出した商才をもつ温州商人を輩出した商業都市として知られます。一方で、日本の温州みかんの名称のもとになったほど柑橘栽培が盛んな土地で、街には1876年の開港後につくられた石づくりの建物も残っています。甌江のつくる豊かな山水から多くの文人に愛され、また浙江省南部の経済、文化中心地となっている温州を紹介します。かんたんな図版、地図計15点収録。

【おまけ】まちごとチャイナ『浙江省011温州』とスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)のホテル&レストラン情報旅行ガイド『温州STAY』の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、170P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-279-8 C0326 ¥2000E 2000円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-689-9 C0326 ¥00000E、1800円
[カラーPOD版] ISBN978-4-86620-189-4 C0326 ¥00000E 、2650円
[電子版/電子audioGuide版(AI bookS)それぞれ]650円

浙江省010天台山 靄たちこめる「仏教霊山」

浙江省中央東部にそびえる天台山は、日本の比叡山天台宗の源流とも言える仏教聖地です。最澄や円珍、栄西などがこの天台山で中国仏教を学び、その教えを日本に伝えました。また中国では道教聖地としても知られ、いくつもの峰が連なる天台山に多くの人が魅せられてきました。最澄が菩薩戒を受けた龍興寺の位置する臨海(台州)、温州みかんの故郷とも言える黄巌などもあわせて天台山の魅力を紹介します。かんたんな図版、地図計13点収録。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、146P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-278-1 C0326 ¥1700E 1700円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-679-0 C0326 ¥00000E、 1500円
[カラー版ISBN]978-4-86620-179-5 C0326 ¥00000E、2230円
[電子版/電子audioGuide版(AI bookS)それぞれ]650円

浙江省009普陀山 「海天仏国」と舟山群島

中国四大仏教聖地のひとつ普陀山。858年、この観音菩薩の霊場を開山したのは、遣唐使として海を渡ったひとりの日本僧でした。多くの巡礼客が訪れる普済禅寺、法雨寺、慧済寺の三大寺院、美しい砂浜の広がる百歩沙や千歩沙、新たな普陀山のシンボルとなっている南海観音大仏など豊富な見どころが点在します。この仏教聖地の普陀山と、中国最大の漁場となっている舟山群島の島々をあわせて紹介します。かんたんな図版、地図計12点収録。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、122P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-277-4 C0326 ¥1600E 1600円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-678-3 C0326 ¥00000E、1500円
[カラー版ISBN]978-4-86620-178-8 C0326 ¥00000E、2110円
[電子版/電子audioGuide版(AI bookS)それぞれ]650円

浙江省008寧波郊外と開発区 鎌倉仏教の「祖庭」へ

臨済宗の栄西や曹洞宗の道元が修行した、中国を代表する名刹の阿育王寺と天童寺。ほかにも寧波郊外には、今から7000年前の河姆渡遺跡、蒋介石の故里をはじめとする豊富な遺構や景勝地が残ります。現代建築が立ちならぶ鄞州新城、東部新城、中国屈指の港湾環境をもつ北侖などの新市街も形成され、寧波は猛烈な勢いで上海を追いかけています。これら寧波郊外と開発区を豊富な図版とともに紹介します。かんたんな図版、地図計14点収録。

【おまけ】まちごとチャイナとスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)の「寧波地下鉄路線図」の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、136P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-276-7 C0326 ¥1700E 1700円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-677-6 C0326 ¥00000E、1500円
[カラーPOD版] ISBN978-4-86620-177-1C0326 ¥00000E、2180円
[電子版/電子audioGuide版(AI bookS)それぞれ]550円

浙江省007寧波旧城 浙東の千年「波止場」

甬江を通じて東海に続く港町寧波は、中世から1000年に渡って日本の使節を受け入れる窓口となってきました。港を通じて伝来する異国の文化と交わるなか、寧波の学術文化は栄え、寧波商人は中国経済を左右するほどの力をもつようになりました。アジア最古の図書館「天一閣」、もうひとつの外灘「寧波老外灘」、寧波旧城の面影を残す「城隍廟」や「鼓楼」などを豊富な図版で紹介します(阿育王寺、天童寺は『浙江省008寧波郊外と開発区』の収録になります)。かんたんな図版、地図計12点収録。

【おまけ】まちごとチャイナとスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)の「寧波地下鉄路線図」の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、144P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-275-0 C0326 ¥1700E 1700円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-676-9 C0326 ¥00000E、1500円
[カラー版ISBN]978-4-86620-176-4 C0326 ¥00000E 、2220円
[電子版/電子audioGuide版(AI bookS)それぞれ]550円