「デリー」タグアーカイブ

【Juo-Mujin】見せよう! デリーでヒンディー語 〜地図+現地語。地下鉄窓口で、リキシャで、街角で

◉歩く→見せる→歩く。「地図+現地語」で、インドの街をさくさく。

【Juo-Mujin】見せよう! デリーでヒンディー語 〜地図+現地語。地下鉄窓口で、リキシャで、街角で

旅行ガイドをおもいっきりダイエット。街歩きに必要な「地図」と「ヒンディー語会話」を、ぎゅぎゅっとしぼって掲載しました。

【掲載エリア】
・ニューデリー駅とコンノートプレイス
・オールド・デリー
・インド門とニューデリー東
・チャナキャプリとニューデリー西
・クトゥブ・ミナールと南デリー

『デリーでヒンディー語』では、ふた通りの使いかたをご提案します。ひとつはデリーのエリア別の地図と、そこへ行くためのヒンディー語を見せて使う方法。街歩き、観光の際にご活用ください。

もうひとつは、地下鉄で、買い物で、レストランで、というように場面別に必要なヒンディー語会話を掲載しました。それぞれ目的にあわせてご利用ください。

【使い方その1】街歩きで
・ステップ1。ナビゲーションから地図へ。
・ステップ2。行きたい場所を選ぶ。
・ステップ3。表示されたヒンディー語を見せる。
・ステップ4。すぐしたのリンクから地図に戻る。

【使い方その2】場面別にヒンディー語
・ヒンディー語「超」基本会話。
・街歩きで見せよう。
・買いもので見せよう。
・レストランで見せよう。
・ホテルで見せよう。
・他の街(鉄道・バス)へ行くときに見せよう。

※【使い方その2】場面別にヒンディー語は、「見せよう! デリーでヒンディー語」「見せよう! タージマハルでヒンディー語」「見せよう! 砂漠のラジャスタンでヒンディー語」のシリーズで内容が重複します。

【おまけ】『見せよう! デリーでヒンディー語』とスマホアプリ上で、連動して使える「デリーSTAY(ホテル&レストラン情報)」「デリー地下鉄路線図」「デリー空港案内」の無料ダウンロードリンクつき。

旅のレファレンス、観光情報ガイド『まちごとインド』の姉妹編の登場です。

電子版 ISBN978-4-86620-290-7
[電子版]550円

北インド005南デリー イスラム征服王朝と「その足跡」

ニュー・デリー南の地域は、中世以来、いくどとなく都が造営されてきた歴史あるエリアです。そこに位置するクトゥブ・ミナールは、中世にインドを征服したイスラム勢力が戦勝塔として建て たもので、世界遺産にも指定されています。そのとき以来、デリーにはイスラム王朝の宮廷がおかれ、インド・イスラム文化が育まれてきたのでした。またグルガオン、ノイダも紹介します。かんたんな図版、地図計17点収録。

【おまけ】まちごとインドとスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)の「デリー地下鉄路線図」「デリー空港案内」の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。

ペーパーバック B6判、126P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-139-5 C0326 ¥1600E 1600円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版ISBN]978-4-86620-504-5 C0326 ¥00000E、1500円
[カラーPOD版] ISBN978-4-86620-004-0 C0326 ¥00000E 、2130円
[電子書籍版/Alexaスキル版/audioGuide版]650円

北インド004ニュー・デリー 15億人へ向かう「インドの顔」

イギリス植民地時代に計画された都市ニュー・デリー。大統領官邸や国会議事堂などがおかれ、いわばインドの心臓部にあたります。街の造営に際して、公園や緑地をふんだんに配置されて いるところから、ゆったりとした空間が広がっています。またタージ・マハルのモデルになったというムガル帝国第2代皇帝のフマユーン廟は、世界遺産に登録されています (オールド・デリーの情報は掲載されていません)。かんたんな図版、地図計15点収録。

【おまけ】まちごとインドとスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)の「デリー地下鉄路線図」「デリー空港案内」の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。

ペーパーバック B6判、148P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-138-8 C0326 ¥1800E 1800円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-503-8 C0326 ¥00000E、1500円
[カラーPOD版] ISBN978-4-86620-003-3 C0326 ¥00000E、2540円
[電子書籍版/Alexaスキル版/audioGuide版]650円

北インド003オールド・デリー 旧城に息づく路地と「ざわめき」

近世、インド最大のイスラム王朝を樹立したムガル帝国。現在、オールド・デリーと呼ばれる地域は、17世紀以来、その王城がおかれたところです。ムガル帝国以来の伝統をもつバザール、 世界遺産にも指定されている旧城ラール・キラ、超巨大モスクのジャマー・マスジッド。ここにはデリーの下町とも言われる街並みが残っています。かんたんな図版、地図計11点収録。

【おまけ】まちごとインドとスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)の「デリー地下鉄路線図」「デリー空港案内」の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。

ペーパーバック B6判、104P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-137-1 C0326 ¥1500E 1500円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-502-1 C0326 ¥00000E、1500円
[カラーPOD版] ISBN 978-4-86620-002-6 C0326 ¥00000E、2020円
[電子書籍版/Alexaスキル版/audioGuide版]550円

北インド002はじめてのデリー チャロー! デリー

「デリーのいろは」をサクッと紹介【20分でわかるデリー】

インドの首都デリー。オールド・デリーとニュー・デリーを中心に巨大首都圏をつくり、今なお拡大を続ける現代インドの中心地です。一方で、西安やローマにもくらべられる 歴史をもつ古都の姿も見せています。ラール・キラ、フマユーン廟、クトゥブ・ミナールの3つの世界遺産はじめ、はじめてデリーを訪れる人に24のポイントを紹介します(『北インド003,004,005』 と一部内容、図版が重複しています)。かんたんな図版、地図計11点収録。 

【おまけ】まちごとインドとスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)の「デリー地下鉄路線図」「デリー空港案内」の無料ダウンロードリンクつき。 

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。

ペーパーバック B6判、100P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-136-4 C0326 ¥1500E 1500円
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-501-4 C0326 ¥00000E、 1500円
[カラーPOD版] ISBN 978-4-86620-001-9 C0326 ¥00000E、2000円
[電子書籍版/Alexaスキル版/audioGuide版]550円