「広東省」カテゴリーアーカイブ

広東省013広州郊外 〜黄埔・海珠・番禺・南沙・花都

越秀山南麓から天河、そして郊外へと拡大を続ける広州の街。この広州郊外の開発は、市街から南海へといたる珠江の流れとともにあったと言えます。もっとも早く発展したのは、広州市街の対岸にあたる河南(「海珠」)で、清末から民国時代にかけての遺構が残っています。そして1924年の国共合作時につくられた黄埔軍官学校のおかれた「黄埔」は、古くからの広州外港でもあり、隋代創建の南海神廟が立っています。香港にもっとも近い珠江口の「南沙」、広州南駅の位置する「番禺」、太平天国の洪秀全の生まれ故郷でもある「花都」など、広州の衛星都市群を紹介します。かんたんな図版、地図計25点収録。

<script type="text/javascript">
        // Configure these lines for your page
        // Put in all the ISBNS and identifiers you know of to ensure a match
        var keys = ['ISBN:9784821403134'];
        var cburl = "http://books.google.com/books";
        // Retrieve the info for these bibkeys
        var api_url = cburl + "?jscmd=viewapi&bibkeys=" + keys.join();
        document.write(unescape("%3Cscript src=" + api_url +
          " type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));
      </script>
      <script type="text/javascript">
        var buttonImg =
          'http://books.google.com/intl/ja/googlebooks/images/gbs_preview_button1.gif';
       // var buttonImg =
       //   'http://code.google.com/apis/books/images/gbs_preview_button1.gif';
        for (isbn in _GBSBookInfo) {
          var b = _GBSBookInfo[isbn];
          if (b && (b.preview == "full" || b.preview == "partial")) {
            document.write('<a class="gs" href="' + b.preview_url + '">');
            document.write('<img '
              + 'src="' + buttonImg + '" '
              + 'style="border:0; margin:3px;" />');
            document.write('Googleブックスで立ち読み');
            document.write('<\/a>');
            break;
          }
        }
      </script>

ペーパーバック B6判、218P
[モノクロ版] ISBN978-4-8214-0363-9、978-4-86143-519-5 C0326 ¥2,585 (税込)
[カラー版] ISBN978-4-86620-137-5 C0326 ¥、¥4,653 (税込)
[電子書籍版/audioGuide版]¥1,430 (税込)

広東省012広州西関と珠江 〜騎楼と大屋と「カントン」

<iframe src="https://www.google.com/maps/d/embed?mid=1OFzu38jL2d8jf1mabHl6_ZfMvx1rfae5" width="640" height="480"></iframe>

広州有数の繁栄を見せる上下九路の通りの両脇には、アーケード状の騎楼がどこまでも続いていきます。そして珠江に浮かぶ沙面は、アヘン戦争(1840〜42年)以後にイギリスやフランスの獲得した租界が残り、美しい街並みが今でも見られます。この西関と呼ばれる広州古城西門外のエリアは、6世紀に菩提達磨が上陸した西来初地の場所でもあり、古くから広州の港町(河港)として知られてきました。珠江に近い立地から、1920〜30年に建てられた西関大屋などの趣のある建築も多く、清朝から中華民国への遷る時代の生き証人となっています。かんたんな図版、地図計24点収録。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。

ペーパーバック B6判、236P
[モノクロ版] ISBN978-4-8214-0362-2、978-4-86143-518-8 C0326 ¥2,695 (税込)
[カラー版] ISBN978-4-8214-0312-7 C0326 ¥00000E、¥4,967 (税込)
[電子書籍版/audioGuide版]¥1540 (税込)

広東省011汕頭 潮州華僑「船出の港町」

台湾や福建省にも近い中国東南岸の汕頭。1860年に開港されてから急速に発展した港町で、内陸部の潮州と双子都市のような性格をもっています。1920〜30年代に建てられた石づくりの欧風建築やこの地方独特の騎楼。多くの華僑を輩出し、改革開放にあたってはいち早く経済特区のおかれた汕頭の街を紹介します。かんたんな図版、地図計11点収録。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。

ペーパーバック B6判、116P
[モノクロ版]ISBN978-4-86620-657-8、ISBN978-4-86143-461-7 ¥2,200 (税込)
[カラー版] ISBN978-4-86620-157-3 ¥2,870 (税込)
[電子書籍版/audioGuide版]¥715 (税込)

広東省010潮州 名菜と茶の「嶺南華都」

広東省東部を流れる韓江のほとりに開けた古都潮州。広東語とは異なる潮州語が話され、海鮮や鮮やかな盛りつけ、出汁の効いたスープで知られる「潮州料理」、茶で身を滅ぼすと言われるほどの「茶どころ」としても知られます。韓江にかかる浮船を利用した「広済橋」、唐宋八大家のひとりにあげられる韓愈をまつった「韓文公祠」、石畳の路地が続く「潮州旧城」など、広東省のなかでも異彩を放つ潮州の街を案内します。かんたんな図版、地図計12点収録。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。

ペーパーバック B6判、120P
[モノクロ版]ISBN978-4-86620-656-1、ISBN978-4-86143-460-0 ¥2,200 (税込)
[カラー版] ISBN978-4-86620-156-6 ¥2,941 (税込)
[電子書籍版/audioGuide版]¥715 (税込)

広東省009はじめての潮汕 「潮州・汕頭」韓江デルタの世界

「潮州と汕頭のいろは」をサクッと紹介【20分でわかる潮州と汕頭】

広東語とは異なる潮州語が話されることから、陸の孤島とも考えられてきた潮州と汕頭。海鮮を中心とした潮州料理、宋代から東南アジアへ進出してきた華僑の開拓者精神、刺繍や伝統工芸でも知られています。古い街区を残す潮州と近代以降、潮州の外港として発展した汕頭の魅力を紹介します。かんたんな図版、地図計9点収録(広東省010〜011と一部内容と図版、地図が重複します)。

【おまけ】まちごとチャイナ『広東省009はじめての潮汕』とスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)のホテル&レストラン情報旅行ガイド『潮州STAY』『汕頭STAY』の無料ダウンロードリンクつき。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。

ペーパーバック B6判、102P
[モノクロ版]ISBN978-4-86620-655-4、ISBN978-4-86143-459-4 ¥1,980 (税込)
[カラー版] ISBN978-4-86620-155-9 ¥2,628 (税込)
[電子書籍版/audioGuide版]¥605 (税込)