「西インド」カテゴリーアーカイブ

西インド024ブジ(カッチ地方) カッチ地方とつむがれる「伝統」

グジャラート州のなかでももっとも西に位置するカッチ地方。ブジはカッチ地方の中心都市で、手工芸品などの伝統が残り、バザールでは美しい刺繍や木工細工が見られます。またラバリ族やメガワル族など少数民族が多く暮らす地域でもあり、それら少数民族を紹介しながらブジとカッチ地方を案内します。かんたんな図版、地図計6点収録。

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、64P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-165-4 C0326 ¥00000E
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-539-7 C0326 ¥00000E、1000円
[カラー版ISBN]978-4-86620-039-2 C0326 ¥00000E、1320円
[電子書籍版/Alexaスキル版/audioGuide版それぞれ]450円

西インド023ヴァドダラー(チャンパネール) 未来を志向した「藩王の都」

ガイクワール家がおさめる藩王国の都がおかれていたヴァドダラー。中世以来の旧市街、またその西にはマハラジャの宮殿跡が残っています。イギリス殖民地下のインドにあって、いち早く近代化が目指されたのがこの街で、今でもマハラジャの一族が暮らしています。また世界遺産にも指定されているチャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園が近郊に残り、中世のイスラム都市の様子を伝えています。かんたんな図版、地図計7点収録。 

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、72P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-164-7 C0326 ¥00000E
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版ISBN]978-4-86620-538-0 C0326 ¥00000E、1000円
[カラーPOD版] ISBN978-4-86620-038-5 C0326 ¥00000E、1380円
[電子書籍版/Alexaスキル版/audioGuide版それぞれ]550円

西インド022アーメダバード 階段井戸とガンジーの「足跡」

西インド、グジャラート州最大の都市アーメダバード。1411年に、イスラムの地方総督から独立した王によって造営されたという歴史をもつこの街ではグジャラート様式と呼ばれる魅力的な建築がいくつも残ります。またガンジーが独立運動の拠点を構えたことでも有名です。グジャラートの文化や歴史をかんたんに紹介しながら、アーメダバードの魅力を紹介します。かんたんな図版、地図計14点収録。 

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、122P[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-163-0 C0326 ¥00000E[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E[モノクロPOD版ISBN]978-4-86620-537-3 C0326 ¥00000E、1500円[カラーPOD版] ISBN978-4-86620-037-8 C0326 ¥00000E、2110円[電子書籍版/Alexaスキル版/audioGuide版それぞれ]650円

西インド021はじめてのグジャラート アーメダバード・チャンパネール・カッチ

「グジャラートのいろは」をサクッと紹介【20分でわかるグジャラート】 

インド西部のグジャラート州は、マハトマ・ガンジー生誕の地として知られ、ガンジーに影響をあたえたジャイナ教の寺院も多く残ります。また中世グジャラート王国のもとで造営された白眉の建築群が見られ、鮮やかな民族衣装を着た人々が街を彩ります。アーメダバード・チャンパネール(ヴァドダラー)・カッチをかんたんに概説します(西インド022,023,024と一部内容と図版、地図が重複します)。かんたんな図版、地図計8点収録。 

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、76P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-162-3 C0326 ¥00000E
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-536-6 C0326 ¥00000E、1000円
[カラー版ISBN]978-4-86620-036-1 C0326 ¥00000E 、1380円
[電子書籍版/Alexaスキル版/audioGuide版それぞれ]450円

西インド016アジャンタ 法隆寺仏画の「源流ここに」

湾曲するワーゴラ川に沿うようにうがたれたアジャンタ石窟群。ここにはほとんど唯一と言われる古代インド美術の壁画が残り、法隆寺金堂壁画との関係が指摘されています。壁面、柱、天井などにほどこされた仏画や仏像などからは、古代インドの仏教への思いを感じとることができ、インド美術の至宝とたたえられています。仏教石窟やその伝播を交えながら、世界遺産に指定されるアジャンタ石窟を案内します。かんたんな図版、地図計9点収録。 

【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。

ペーパーバック B6判、80P
[モノクロ流通版(DPS発売)]ISBN978-4-86143-161-6 C0326 ¥00000E
[カラー流通版(DPS発売)]ISBN 準備中C0326 ¥00000E
[モノクロPOD版] ISBN978-4-86620-535-9 C0326 ¥00000E、1000円
[カラーPOD版] ISBN978-4-86620-035-4 C0326 ¥00000E、1400円
[電子書籍版/Alexaスキル版/audioGuide版それぞれ]550円